体調チェック

ねこ体調チェックニュースヘッドライン 2020/04/05

卵を産むし、いざとなったら食料に…新型コロナのパニック買いでヒヨコを飼う人が続出するアメリカ、専門家が警告 | ニコニコニュース

 日本でも、マスクをはじめとする衛生品がお店から消えてしばらく経つが、週末の外出自粛要請のおかげで、近頃ではカップラーメンなどの食品まで品薄になってしまっている地域もあるようだ。  だが現在、感染者数が31万人を突破したアメリカ(…
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6970440
2020/04/05 18:36

ねこ体調チェックニュースヘッドライン 2020/10/131匹目の子猫を保護した場所で、また子猫の鳴き声が!「これは運命?」…2匹目も迷うことなく保護|まいどなニュース 子猫時代、大きな手で...

食事は玄関「もうダメかと」5年で90匹に…後を絶たないネコの”多頭飼育崩壊”防ぐためにどうすれば?(北海道ニュースUHB) – Yahoo!ニュース

一匹だったネコが気が付くと何十匹にもなる…いわゆる多頭飼育が崩壊し、劣悪な環境にいたネコが保護されるケースが後を絶ちません。現場から見えてきたのは飼い主から届かないSOSでした。 悲劇を防ぐために何
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000003-hokkaibunv-hok
2020/04/05 14:00

猫は4匹までと決めていたのに…「なんて可愛いの」ピンクの鼻の保護猫に一目ぼれして里親に/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

大事にしていた猫を病気で亡くし、悲しみに暮れていた内藤さん。あまりにも辛くて、同じ血統の猫を探してペットショップで購入した。保護猫のことも知っていて、自身も2匹の保護猫を飼っていた内藤さんは、罪悪感を感じ、譲渡サイトで子猫を探した。■猫は4匹までと決めていたが
https://www.daily.co.jp/society/life/2020/04/05/0013248902.shtml
2020/04/05 13:23

ねこ体調チェックニュースヘッドライン 2020/01/31「ニャンで?」猫の傷病と行動の関連性を探る! - 保険市場TIMES その名もキャトログ、猫を見守る次世代の首輪ペット保険を販売する...

猫は4匹までと決めていたのに…「なんて可愛いの」ピンクの鼻の保護猫に一目ぼれして里親に|まいどなニュース


大事にしていた猫を病気で亡くし、悲しみに暮れていた内藤さん。あまりにも辛くて、同じ血統の猫を探してペットショップで購入した。保護猫のことも知っていて、自身も2匹の保護猫を飼っていた内藤さんは、罪悪感を感じ、譲渡サイトで子猫を探した。 …
https://maidonanews.jp/article/13191909
2020/04/05 13:20

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト

取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)「犬を飼うと散歩が大変」というわけで猫を飼う人が増えているそうですが、犬の散歩は、人の健康に大きな影響を及ぼしていることが分かっているそうです。
https://serai.jp/health/389818
2020/04/05 09:00

ねこ体調チェックニュースヘッドライン 2020/07/20猫も夏バテするの?夏バテを見逃さないポイントと気をつけたい3つのこと | PrettyOnline “砂漠出身”の猫は犬と比べて暑さ...

保護された時は剥げていた…ポメラニアンの「フリジアンちゃん」(友森 玲子) | FRaU


友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。今日紹介するのは、ポメラニアンの「フリジアンちゃん」です。彼女は、保護されたときに、皮膚のトラブルがあるようで、ピンク色になり毛が薄くなり、剥げている箇所がありました。保護してからは定期的に、肌の様子を見てシャンプーをしています。きちんとケアすれば問題なく過ごせる疾患をもつ動物たちが、安易に放棄されてしまうケースがとても増えているのです。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/71496
2020/04/05 06:15