体調チェック

ねこ体調チェックニュースヘッドライン 2020/05/25

「放し飼い避けて」 猫遺棄問題で愛猫家の知事が苦言|秋田魁新報電子版

 秋田県警の警察官が近所の猫を遺棄して動物愛護法違反の疑いで書類送検された問題で、現在7匹を飼い愛猫家を公言している佐竹敬久知事は25日の定例会見で、猫は室内で飼育すべきだとの考えを示した。
https://www.sakigake.jp/news/article/20200525AK0024/
2020/05/25 20:43

ねこ体調チェックニュースヘッドライン 2020/06/30老犬は愛おしい! 急な病気発覚を受け入れながら過ごす大切な日々 (2020年6月30日) - エキサイトニュース 【ペットと一緒にv...

獣医や動物病院が信頼できない!…そんな悩みの相談に乗ってくれる獣医療ソーシャルワーカーとは|まいどなニュース


ペットの病気にまつわる悩みを抱えている人も多いのでは(Maria Sbytova/stock.adobe.com) 可愛いペットも病気をすると悩み深い。検査や投薬をしてもなかなか治らない、手術をするのかしないのか、薬を思うように飲ん…
https://maidonanews.jp/article/13402106
2020/05/25 18:15

入院したって、それをSNSに書いたりしない|明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?|我妻マリ – 幻冬舎plus


70歳を迎えた今も、現役で活躍し続けている伝説のモデル・我妻マリさん。 17歳でモデルデビューした後、サンローランのオート・クチュールモデルを10年間務め、パリコレへ進出。 イッセイ ミヤケ、ティエリー・ミュグレー、ジャン⁼ポール・ゴルチエなど数々のショーで活躍し、日本人モデルがパリコレクションへ進出する礎を築きました。 そして、60歳を過ぎて栃木県に移住。ファッションの最前線に立ち続ける一方、運転免許も取得し、女ひとり(+猫たち)で自然を謳歌して暮らしています。 本書『明日はもっと面白くなるかもしれないじゃない?』は、そんな我妻マリさんの初めての著書。50年以上のモデル歴で培った、おしゃれ
https://www.gentosha.jp/article/15557/
2020/05/25 06:08

ねこ体調チェックニュースヘッドライン 2020/01/02密閉された空間は要注意! 猫を皮膚病から守るお手入れと環境(ねこのきもち WEB MAGAZINE) - Yahoo!ニュース 寒い...

Dr.中川のがんのヒミツ:「生活習慣」+「早期発見」が鍵 – 毎日新聞

 <くらしナビ ライフスタイル>  私はがん治療専門医で、東京大病院で放射線治療や緩和ケアの臨床を35年も行っています。厚生労働省のがん対策推進協議会委員、文部科学省の「がん教育」の在り方に関する検討会委員などの公職も務めてきました。
https://mainichi.jp/articles/20200525/ddm/013/040/043000c
2020/05/25 02:02